知能技術株式会社 | 作業エリア侵入検知装置「仁王」

お問い合わせ

大阪 06-6362-1008
東京 03-6869-5103
Mail:info@chinou.co.jp
[受付時間]
電話 平日 9:00~18:00
メール 24時間 受付
  • 日本語
  • English
  • Français
  • 中文 (中国)
  • MENU

    作業エリア侵入検知装置「仁王」

    高速道路では、居眠り運転などの原因により、道路工事などの車線規制エリアに車両が侵入する事故が年間120件ほど発生しており、年間およそ50人の作業員が死傷されています。

    「仁王」は300m以内を高速走行する車両の三次元位置をステレオカメラで常に測定しており、車線規制エリアに侵入した車両を直ちに検知します。

    検知後は直ちに作業員のヘルメットに内蔵している骨伝導装置に無線で避難指示を出すことで、作業員に迅速な退避行動を促します。

     

    【機能詳細】

    • 検知範囲は「仁王」設置場所から300m以内です。
    • 視野内の全ての車両を検知します。
    • 一度検知した車両は「仁王」の視界から消えるまで追跡し続けます。
    • 車両検出エリアは、道路の特徴(白線)から自動的に定義されます(デフォルトの動作)。
    • カーブや勾配のある道路にも対応しています。
    • 車両検出エリアは、タッチパネルで自由に編集することができます。
    • 低速走行車両(例えば作業車両)は車両検出エリア内であっても意図的に無視します(デフォルト20km/h以下)。

    お客様の声(西日本高速道路メンテナンス関西株式会社)

    知能技術は迅速に実践できる会社

    知能技術は、装置、ロボット、センサーなどの開発において類稀な 能力を有しています。顧客とともに発案したり様々な要素技術を持 つ大学や企業を発掘し、それらの技術を組み合わせたユニークな技 術開発を迅速に実践できる会社です。

    開発実績

    防爆作業ロボット製造・防爆機器開発コンサル

    防爆作業ロボット製造・防爆機器開発コンサル

    弊社は、人が入れない危険な環境でロボットに自動的に作業させるために、粉塵の立ちこめる中で3m先の物体を判別できるセンサーと連動したソフトウェアを開発するとともに、そのソフトウェアによって作業をするロボット機構を開発することで、日本初の製油所・・・・

    詳しく見る>>

    配管の非破壊検査手法の研究開発

    配管の非破壊検査手法の研究開発

    工場などのプラント設備に存在する金属の配管は減肉していきます。事故やトラブルを防止するため定期的に検査する必要がありますが、高所や入り組んだ場所の設備や配管を検査するには足場が必要であり、時間やコストが課題となっています。

    詳しく見る>>

    重機の遠隔制御による無人化施工

    重機の遠隔制御による無人化施工

    重機にカメラと独自開発した無線制御システムを搭載し、カメラの映像を無線による画像伝送で遠隔地にリアルタイムに配信します。 作業員は安全な遠隔地から無線制御システムを通じて重機を操作することができます。これにより、火砕流や土石流が発生す・・・・

    詳しく見る>>